生命の滋養

に男の子がほとんど自分は世界で最も不幸な子が、患灰白髄炎として殘す腫や足がまちまちな歯、彼はめったに学生たちとゲームや遊び、先生と彼の回答の問題の時に、彼は頭を下げて、何も言わずに.

春、男の子は父がとなりの家から来て検討苗木、彼はそれらを植え房前、彼は彼の子供たちに一本ずつ、父親は子供たちによると、誰の最高裁の苗は、誰が買う1件の最も好きなプレゼント.男の子も父のプレゼントが、兄妹たち飛んだり跳ねたりする姿を見て、どうして分からないで、1種の考えが芽生えて陰気、自分は裁のその苗早く死んで、いくつかの水を流した後、二度と行く塔かになった.

数日後、小さい男の子見彼は種類の木に、驚くほど枯れないそれだけでなく、また新しい葉が生え、兄妹たちが植えた木と比べればもっと淺緑、活気が.父は彼の公約を実行して、小さい男の子は1件の彼の最も好きなプレゼントを買って、そして彼に対して、彼の植えた木から見て、彼は成長した後にきっと1名の植物学者になることができます.それから、小さい男の子がゆっくりと楽しくなります.

日夜、男の子はベッドで、窓の外を見明るい明るい月、ふと生物先生の言った話:植物は普通はすべて夜に生長して、行ってみたら自分が植えた木.彼は音を立てないように庭に時、父は見てスプーンで自分で植えたあの木の下まくているのか、すぐに、すべての彼は分かりましたか、父さんはずっとこっそりを自分が育てたあの本若木施肥!彼は部屋に戻り、涙を流さずに奔流……

数十年が過ぎ、その腫足の男の子がないにもかかわらず、1名の植物学者だが、彼はアメリカ大統領、彼の名前はフランクリンルーズベルト·.

☟女性不感症

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*