追いかけて楽し砂糖い

春は春になって、風にして,春が来た.万物展新、花が咲き、ジュンチャープ派鳥、生気が満ちている繁栄光景.

眩しい陽射しの下で、1群の色とりどりの小さな鳥で、枝先に、のんびり散歩、花の中で、思いきり遊ぶ.

小さな女の子、表情に専念にしゃがんで1束琭れるのが緑の低木のそばで、1匹の小さい鳥を静かに楽しんで自然の抱擁、太陽のキス.小鳥がそっと飛び去って、小さい女の子が立ち上がっ入朝それの方向を追いかけて飛んで行く.私はとても驚異的に彼女は鳥の瞬間をとらえてそれを捉えていないで,そのために飛んで行って、そこで私は、あなたはさっきからそれを捉えて、どうして飛んでいって、どうして飛んでいったのですか
?小鳥は春を追いかけて、楽しみの、私はそれを捕まえて、それは私の手の中で死んで、楽しく、私も楽しくない、私も楽しくありません.からの命と生活の責任で、私達の目を見拠え,砂糖、私たちの足も止まらずに動いて一歩前進して、しかし私達を軽視して我々の目に映るあの1匹の小さい鳥、無視したあの鳥に瀋む私たちの心を飛ばすの少しの幸せ……私たちは失われて多くの子供を失い、1粒の心を追いかけて楽しい.

この小さい女の子に直面して、私は本当に感じ自愧不如、ああ、私たちが勝つに歳月の生命は、そのせるべきではない歳月勝っに祝福する、私たちの愛、私たちの1粒の心を追いかけて楽しい.

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*