一番新しい調査ではA砂糖TM機が汚いと公衆便所にはだし

公衆トイレは最も汚いところ、公共衛生最大の脅威だと考えがちだ.しかし、イギリスの『デイリーポスト』報道、イギリスで最も新しい調査が発見、自動的にATM機(ATM)が汚い程度と公衆トイレがはだし.そのため、一度自動でATM機からお金を取る時、手袋をしたほうがいいです.イギリス抗菌コーティング技術会社BioCote専門家用綿棒でイギリス都市中心を毎日使った無数の人やATMの数字キーで標本抽出.その後、公共トイレ便座から標本を抽出、実験室、顕微鏡で観察すると、標本の細菌数を観察する.細菌標本一晩培養した後、再び検査したところ、ATM機キーボードや公衆トイレ標本に含まれるシュードモナスとバジラス(病気を引き起こすと細菌性下痢の菌).$ { FDPageBreak } BioCote会社微生物学家リチャード·ハース汀斯博士は、広く使用のATM機や公衆トイレの細菌汚染コントラストはおもしろいが,砂糖、研究の結果、ショッキング.ATM機保菌の深刻さは、その深刻さと公共トイレの汚染レベルはほとんど同じで.また,ATM機には病菌と公衆トイレが似ており、よくある疾病の主な原因となっている.これまで,イギリスは3000人の調査結果、公衆電話は最大の公共衛生リスクと言われている.公衆トイレは最も汚いところと言われている.調査は、細菌感染防止に、1/4の人は公用電話前にマイクを擦.48 %の大人は公衆電話の使用を防止する.調査に挙げた10大汚い場所は順に、公衆トイレ、公衆電話ボックス、バス駅、地下鉄の駅、地下鉄、バスの座席電車の席、ATM機、鉄道駅、列車の座席、銀行カードやクレジットカードのパスワードキーボードなど.

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*