在宅介護コミ砂糖ュニティからまでオーストラリア薬師多機能

p>が台灣で<成長オーストラリアで薬剤師免許を取得し、現在メルボルン西城の病院の仕事の章有慈最近回台灣リゾート.彼女は皮膚科クリニックに行って、薬局に薬を買って薬を買って,怒鳴りは澳の両側の情況違いが多すぎます.

はまず皮膚科クリニック、彼女から診療所内の薬剤師を内服薬の時、私はどんな内容の小さいバッグか分からない薬、中のあれらのは一体何の薬として、「患者はどのように知っているすべての薬の使い方を教えて,またどのようにこれらの錠剤やカプセル薬師お互いどう交互作用?彼女は疑惑を出す.

そして彼女心配

と透明薬包バッグ、照射患者のプライバシー.オーストラリアの薬剤師は、ブラウンや不透明の紙袋に入れて,砂糖、プライバシー、日光と気温の熱破損にもなります.薬の問い合わせる台も隠れるところに、他人の耳を防止します.

オーストラリア薬師パソコンを持って処方箋を殘して薬の患者に薬の歴史、患者はまた来た時、薬剤師が先に読んでこの人の薬歴を調べ、衝突と薬物アレルギー薬があるこそ、今回の薬剤を調理する.

病人さえ服用保健食品とハーブ、コミュニティの薬局の薬剤師も手伝う病人登録し薬暦では、患者は感じないかもしれない、薬が、オーストラリアの薬学会によると、実はマニアック健康食品、栄養剤も可能性がある薬物相互干渉、副作用などことが必要気をつけて.

は患者や家族に解説し、これらの薬の副作用や服用方法を含めて、患者や家族に説明することが必要です.また、贈り病人書面説明を含む医薬局パソコン印刷するの説明と製薬工場の説明書.彼女の目には、オーストラリアの薬剤師が多いと、台灣と薬剤師の瀋黙に無口、または一部のテレビを見ながら話しながら薬売りが異なる政治.オーストラリアの病院の薬剤師は毎日、医師の出した任務を受け、病室と患者に「ベッドと相談をしていますが、コミュニティの薬師は薬局にも
.薬学部は大二から大四年生まで、学生が交代で病院に行って、コミュニティ薬局と実習してどのように患者とコミュニケーションすることを求めて.

章有慈印象深かったのは卒業後薬師執業の免許試験を通じて、筆記試験のあとに面接試験、面接の現場と口頭試問メカニズムは、試験受験者のコミュニケーション能力の説明と表現.

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*