夏季養生キュウリは癌を効果的に予防砂糖することができる

pは夏の喬でキュウリを食べ、効果的にがんを予防することができる.キュウリは家庭の食卓の常連で、キュウリを食べる時,砂糖、必ずキュウリを捨てないで、良いものを捨ててしまいます.実は私たちの健康にとってはキュウリの迎え撃つがんの作用があり、よくキュウリを食べて効果のある癌について、よく食べてみます.

これは、キュウリの柄が多くの苦味を含んで、苦味の成分は葫芦のCで、珍しくデトックスの食品の食品です.この物質は明らかに抗腫瘍作用を持っていることを証明する.

胡瓜は1種のダイエット食品で、現代薬理学は研究して、新鮮なキュウリの内はまた1つの中には、炭水化物の物質を抑えて脂肪に転化して脂肪に転化することができます.キュウリにセルロースも含まれ、腸にうごめい、排泄促進やコレステロール低下を促すと一定の作用があります.キュウリの熱量は低い、高血圧、高脂血と合併症の糖尿病について、理想の食事療法としても理想の食事療法です.

きゅうりは利尿、血液中に尿酸のような潜在的有害物質を除去することができます.キュウリ味甘性涼し、解熱利水、解毒の効果を持ちます.胸熱、利尿など独特の効果があり、除湿、滑り腸、鎮痛も明らかに効果があります.またキュウリは治療火傷,痱瘡など.また、キュウリ藤は良好な降圧とコレステロールの作用があります.

キュウリは味が美容の野菜と呼ばれ、台所の美容剤には、よく食べるあるいは素肌にあてて効果的に皮膚の老化に抗し ,しわの発生を防止唇炎、口角炎.

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*