丹参見る注射液の砂糖適応症や不良反応

丹参見る注射液の適応症や不良反応、丹参見るの主要な成分の紹介.丹参見る注射は医療保険のディレクトリ内の薬品、つまり治療効果が比較的に正確な、この注射は漢方薬の治療に用い、心の脳血管などの慢性疾患、必要なコースが効果を発揮し、しかし毒副作用が比較的小さいこと、つまり、症状が現れた場合にはいい薬.

形質」淺赤褐色透明の液体.

【適応症】丹参見る注射適用閉塞性脳血管疾患,脳供血不足、脳血栓症、脳卒中や他の虚血性心疾患、心臓病などの胸部圧迫感、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳卒中、閉塞性血栓性血管炎などの病気.

【成分】主要成分:塩酸見る、丹参;アクセサリをグリセリン,砂糖、注射用水.

丹参見る注射液の適応症や不良反応

【用法用量】静脈点滴、毎回5-10ml,毎日1~2回.5%-10%でブドウ糖注射や生理食塩水250ml-500ml希釈.

「不良反応とは.

タブー脳出血や出血傾向の患者を見る注射液丹参.

P注意事項p1、静脈の注入速度は速くしない.子どもや高齢者が薬を投薬して、児童と高齢者の用量に使うべきだ.

に、糖尿病患者.丹参見る注射液.

P3、結晶が析出し、温水で加熱溶解します.

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*