女性の砂糖健康には女性の健康を危害

医学界は過去に繰り返しダイエットを繰り返して、筋肉の密度が低下して、甚だしきに至っては急死して、しかし深く研究して上述の結論に対してすでに否定的であることを否定する.でもダイエットを繰り返す、体重増加に健康影響にも楽観を許さない.

Pはダイエットを繰り返す

繰り返しダイエット

を繰り返し繰り返して医学界は過去に繰り返しダイエットを繰り返して、筋肉の密度が低下して、甚だしきに至っては急死して、しかし深く研究して上述の結論に対してすでに否定的であることを否定する.でもダイエットを繰り返す、体重増加に健康影響にも楽観を許さない.

最近、ワシントン医学センターの研究では、何度も繰り返してダイエットを繰り返して、人体に長く免疫力が低下していることが表示されます.まだ具体的な原因はあるものの、研究者は細胞活力と抗対抗風邪、感染と早期がん細胞の能力を低下させることを発見したという.

救済方法についての体重は規準を超えた人にとって、体重を軽減4.5キロを高血圧や糖尿病の発病率は、余分な脂肪を減らして当然を引っ張って身の贅肉をより健康があか抜けて、鍵はどのように自分のダイエットの成果の防衛.

まず、肥満の原因を舎てなければならない、過去の不健康な生活方式と習慣を実際の行動によって;そして、栄養学者の提案を受け入れる能力自分の科学をダイエットし、楽しくダイエット―は食べ過ぎを控え、また必ず毎日人体に必要な各種の栄養素の摂取量.

さらに,定期的に運動は体の圧力を軽減することができます脂肪燃焼、ダイエットの効果の更に著しい,砂糖、更に持久的な運動の効果を軽減することができます.

Pは最後に、どんな良いダイエット方法もダイエットする者が根気よく根気よくない根気を必要とすることを必要とします.

P日光浴

みんなは日光浴は自分にチャーミングの肌色を与えることができるだけでは健康に役に立つと思っています.しかし、日光のすごさにばかにならないでください、頻繁に時間が過ぎる日光浴も皮膚癌と前の老化につながる可能性があります.

ないにもかかわらず人を証明できる日光浴自体や皮膚がんどの程度の直接の因果関係が、研究で明らかにされたあの日光やけど経験のある人が罹患メラノーマ(皮膚がんで死亡率最高の一種)他の人の確率が高い.

は最近の研究の表示、すべて好きで日光浴の人ごみの中に、白色人種の人に罹っメラノーマの可能性が高いが他の人の3倍以上.

人工では人工で、日光浴のダメージ性が大きく、皮膚が短い時間内に相当集中する紫外線で.

日光から病気になって皮膚がん,その間は10~30年の後先が経過しているというのは.もしあなたは小さい時かつて日光にやけどされて、そんなに今警戒する必要があります.

は月に自分の全身の皮膚を検査して、新しいあざ覚えが現れて現れて、ありません

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*