トイレにおける女性の砂糖健康8は

脅威に女性の健康の要素がないところはないかもしれないあなたはとてもきれいなところで、実は、トイレの危険な要素が多く存在する.では、トイレが存在する健康的な弊害はどれらがありますか?女性はどのように健康を保つには?

は、トイレ8大女性の健康的な弊害を警戒する

は、トイレ8大1、トイレットペーパー

多くの女性が

後も習慣にティッシュをはたくようにしてふき腟、実はトイレットペーパーは再生紙を、美化のために外観、多数のトイレットペーパー足を付けるた染料を含め、蛍光増白剤やタルク粉.色は白の衛生紙、もっと蛍光増白剤やタルク粉が加えてあるかもしれない.これらの添加物の多い含み化合物ベンゼン、いくつかの品質がトイレットペーパーが含まれているホルムアルデヒド,砂糖、大腸菌、肝炎ウイルスなど.これらの物質は長期と皮膚と接触する可能性は白血病と癌を誘発する可能性があり.

ヒント:だから購入トイレットペーパーを選択して使用する時、きっと品質の信頼性の高い、未漂白のトイレットペーパー、用紙後更にぬるま湯で洗い流します.

は↓↓↓↓は↓↓↓

p2、歯みがき歯みがき

歯ぐきの疾病を誘発する心臓病、心臓病により健康に危害喫煙やコレステロールは高すぎてもっと大きい.また、歯ぐき疾患は中風、骨粗しょう、呼吸疾病、糖尿病などのリスクが増加するというリスクが増加している,レビトラ.練り歯磨きには何種類の活性成分が懸念されています.歯磨きで広く使用される化学物質ラウリルアルコール硫酸ナトリウム可能性があると思われ、胃腸病や肝臓中毒、会令の口腔潰瘍を患うやすく、口腔がん.歯磨き中の研磨剤も歯ぐきがダメージを受け、莖が被害を受けやすくなります.

ヒント:歯を磨いている時に歯磨きが多ければ多いほどいいと思わないでください、押さないでくださいすぎにではなく、頻繁に歯を磨いて、一日三度制御.

p3、泡浴

たくさんの若い女性は、石鹸を塗ってシャワーを浴びて、お風呂に入って、バスタブの中で泡浴を洗うことが好きです.石鹸の中の物質は天然物が多い.しかし泡風呂に使用の泡剤はそうでなければ、それは香が、この香り剤を招くかもしれない皮膚が炎症を起こして,くらくらして、長い時間お湯の中で体接触泡剤,含有の有害化学成分泡安定剤とまで浸透して皮膚呼吸肺の中に.

ヒント:できるだけ少なく洗浴と泡使用入浴剤で、植物油石けんは悪くない選択.

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*